スタートアップアプリのアイデアを検証する最も簡単な方法



<div _ngcontent-c16 = "" innerhtml = "

スタートアップは、検証済みのビジネスモデルを備えたビジネスと見なされるために数千人のユーザーを必要としません。数万人のユーザーがいたが、ビジネスモデルを見つけて検証できなかったスタートアップケースが数千あります。

アイデアの検証は、将来のユーザーからヒントを得て同意されたソリューションで解決する価値のある問題があるかどうかを判断するプロセスの最初の段階です。この段階は、ビジネス仮説を検証または無効にするために人々にインタビューするだけなので、製品開発に多額の投資を行う前に発生します。ただし、インタビューには制限があります。

スタートアップで最も強力な検証シグナルは収益です。最も簡単な方法 スタートアップアプリのアイデアを検証する 製品開発の前にマフィアのオファーを作成して販売することです。それはあなたの早期採用者が彼らのニーズに完全に対応するため、あなたの早期採用者が断ることができない申し出です。これは、問題が十分に大きく、提案されたソリューションが、インタビューによる顧客の洞察に基づいて有効である場合、理想的な購入者がマフィアの提案にコミットすることをためらわないという仮説に基づいています。

次の3つの手順に従って、オファーを定義して販売します。

1.問題から始める

問題をよく理解し、顧客にとって最善の解決策をとることは魅力的です。わずか30日間でマフィアのオファーでアプリのアイデアを検証することは、潜在的なユーザーのグループにインタビューする良い口実です。これらのミーティングの目的は、顧客の発見と理解だけでなく、販売でもあるからです。いずれにせよ、すべての創始者はやがてやらなければならないことになるでしょう。

最初のステップは、インタビューを通して問題を理解することです。それは尋ねることを含みます オープンエンドな質問 一定の空間で直面する課題に関する回答者の回答の一貫性とパターンを見つけることを目的としています。

バイヤーへの否定的な結果を定量化することで問題を特定します。それは、コストまたは時間の増加、生産性の低下、重要な指標の増減または重要な指標の上昇または下降を引き起こしているソリューションの欠如のために目標を達成できないことです。

これらの数字を見つけるには、データが必要です。多くの人々と話をして初めて、賢明な結論を出すためのデータが得られます。 5回のミーティングで明確な方向性があるかもしれませんが、必要な洞察を集めるのに十分ではないからではなく、主にマフィアのオファーを販売するためにより多くの聴衆が必要だからです。特に、製品開発やその他の投資のために資金を集めている場合。

2.ソリューションデモを作成する

たくさんの スタートアップは失敗する なぜなら、彼らは問題を独自にうまく解決できると信じているアプリのアイデアに恋をするからです。代わりに、ソリューション、別名アイデアは、十分な人と会うことにより、同じ問題定義プロセスに従って定義する必要があります。潜在的なソリューションのアイデアから始めることは、顧客が初期段階でさえお金と時間に値すると考えるもののベンチマークとして役立つため、依然として重要です。

インタビューに裏付けられた定性的に検証されたソリューションを使用して、視覚的に説得力のあるオファーを設計します。これはまだMVPステージではありません。目標は、特定された問題と提案されたソリューションの間の適合を検証することです。これは、製品をグラフィカルに設計し、それを クリック可能なプロトタイプ

モバイルアプリやWebアプリを構築するには数か月かかる場合がありますが、わずかなコストでわずか2週間でデザインを作成できます。早期導入者が価値提案を説得力があると感じた場合、彼らはあなたがより早くそれを構築するのを助けるために早くコミットすることを気にしません。これは、マフィアのオファーが出番です。

3.オファーを売る

マフィアの申し出は、通過するにはあまりにも良いです。これは必ずしも安価な製品を意味するわけではありません。実際、ターゲット顧客によっては、競合製品と比較して価格を上げることを検討する必要さえあります。申し出は、問題を非常にうまく解決するため、拒否するには余りにも良いはずです。誰も購入しない場合は、インタビューを続けて理由を確認し、繰り返します。

前述のように、インタビューの目標は、リードのプールを構築することでもあります。同じグループに手を差し伸べて、マフィアのオファーをデモして販売する別のインタビューを行います。買収の摩擦を減らすには、オファーに含めることを検討してください コンシェルジュソリューション MVPの作成中の配信プロセス。

コンシェルジュMVPでは、ファウンダーが製品の役割を担います。たとえば、ソーシャルメディア管理ツールを構築する前に、製品を模倣する内部システムを実装して、マフィアが購入者がガイダンスに従ってソーシャルメディアを管理できるように支援することができます。生成された設計と収益に関する顧客からのフィードバックにより、最もリスクの高い仮定を定量的にテストし、次のような重要な質問に答えることができるコア機能を備えたMVPを構築します。

  • マフィアは、購入者が自分で製品を使用し、ソリューションの恩恵を受けることを提案しますか?
  • 彼らはそれを人々に紹介しますか?
  • 彼らはそれに固執しますか?

">

スタートアップは、検証済みのビジネスモデルを備えたビジネスと見なされるために数千人のユーザーを必要としません。数万人のユーザーがいたが、ビジネスモデルを見つけて検証できなかったスタートアップケースが数千あります。

アイデアの検証は、将来のユーザーからヒントを得て同意されたソリューションで解決する価値のある問題があるかどうかを判断するプロセスの最初の段階です。この段階は、ビジネス仮説を検証または無効にするために人々にインタビューするだけなので、製品開発に多額の投資を行う前に発生します。ただし、インタビューには制限があります。

スタートアップで最も強力な検証シグナルは収益です。製品開発の前にスタートアップアプリのアイデアを検証する最も簡単な方法は、マフィアのオファーを作成して販売することです。それはあなたの早期採用者が彼らのニーズに完全に対応するため、あなたの早期採用者が断ることができない申し出です。これは、問題が十分に大きく、提案されたソリューションが、インタビューによる顧客の洞察に基づいて有効である場合、理想的な購入者がマフィアの提案にコミットすることをためらわないという仮説に基づいています。

次の3つの手順に従って、オファーを定義して販売します。

1.問題から始める

問題をよく理解し、顧客にとって最善の解決策をとることは魅力的です。わずか30日間でマフィアのオファーでアプリのアイデアを検証することは、潜在的なユーザーのグループにインタビューする良い口実です。これらのミーティングの目的は、顧客の発見と理解だけでなく、販売でもあるからです。いずれにせよ、すべての創始者はやがてやらなければならないことになるでしょう。

最初のステップは、インタビューを通して問題を理解することです。これには、特定の空間で直面する課題に関する回答者の回答の一貫性とパターンを見つけることを目的とした自由回答形式の質問をすることが含まれます。

バイヤーへの否定的な結果を定量化することで問題を特定します。それは、コストまたは時間の増加、生産性の低下、重要な指標の増減または重要な指標の上昇または下降を引き起こしているソリューションの欠如のために目標を達成できないことです。

これらの数字を見つけるには、データが必要です。多くの人々と話をして初めて、賢明な結論を出すためのデータが得られます。 5回のミーティングで明確な方向性があるかもしれませんが、必要な洞察を集めるのに十分ではないからではなく、主にマフィアのオファーを販売するためにより多くの聴衆が必要だからです。特に、製品開発やその他の投資のために資金を集めている場合。

2.ソリューションデモを作成する

多くのスタートアップは、問題を独自にうまく解決できると信じているアプリのアイデアに夢中になるため、失敗します。代わりに、ソリューション、別名アイデアは、十分な人と会うことにより、同じ問題定義プロセスに従って定義する必要があります。潜在的なソリューションのアイデアから始めることは、顧客が初期段階でさえお金と時間に値すると考えるもののベンチマークとして役立つため、依然として重要です。

インタビューに裏付けられた定性的に検証されたソリューションを使用して、視覚的に説得力のあるオファーを設計します。これはまだMVPステージではありません。目標は、特定された問題と提案されたソリューションの間の適合を検証することです。これは、製品をグラフィカルに設計し、クリック可能なプロトタイプに変換することで実現できます。

モバイルアプリやWebアプリを構築するには数か月かかる場合がありますが、わずかな費用でわずか2週間でデザインを作成できます。早期導入者が価値提案を説得力があると感じた場合、彼らはあなたがより早くそれを構築するのを助けるために早くコミットすることを気にしません。これは、マフィアのオファーが出番です。

3.オファーを売る

マフィアの申し出は、通過するにはあまりにも良いです。これは必ずしも安い製品を意味するわけではありません。実際、ターゲット顧客によっては、競合製品と比較して価格を上げることを検討する必要さえあります。申し出は、問題を非常にうまく解決するため、拒否するには余りにも良いはずです。誰も購入しない場合は、インタビューを続けて理由を確認し、繰り返します。

前述のように、インタビューの目標は、リードのプールを構築することでもあります。同じグループに手を差し伸べて、マフィアのオファーをデモして販売する別のインタビューを行います。買収の摩擦を減らすには、MVPの作成中にコンシェルジュソリューションの提供プロセスをオファーに含めることを検討してください。

コンシェルジュMVPでは、ファウンダーが製品の役割を担います。たとえば、ソーシャルメディア管理ツールを構築する前に、製品を模倣する内部システムを実装して、マフィアが購入者がガイダンスでソーシャルメディアを管理できるように支援することができます。生成された設計と収益に関する顧客のフィードバックにより、最もリスクの高い仮定を定量的にテストし、次のような重要な質問に答えることができるコア機能を備えたMVPを構築します。

  • マフィアは、購入者が自分で製品を使用し、ソリューションの恩恵を受けることを提案しますか?
  • 彼らは人々にそれを紹介しますか?
  • 彼らはそれに固執しますか?