マイクロソフトは次世代HoloLensヘッドセットをからかって


マイクロソフトホロレンズサイドアングル
マットスミス/デジタルトレンド

マイクロソフトは、その次世代HoloLensヘッドセットのための不可解なティーザービデオを投稿しました。あまり明らかにされていないが、42秒のビデオは2月24日にMobile World Congressで予定されているプレスイベントの前にTwitterでHoloLensの発明者Alex Kipmanによって送られた。ビデオは新しいプロセッサとカーボンファイバーを強調することができると信じられる新しいヘッドセットに搭載されている可能性がある資料。

このビデオは、Microsoftがこれまでに発表した新しいSurfaceデバイスのマーケティングと似ており、金属製の角氷が溶けるアニメーションと、小さな光ファイバーが1つの大きなピースに織り込まれたアニメーションが含まれています。それはまた出版物のでき事の日付を示す簡単な「02 24 19」のtaglineで終わる。

マイクロソフトは以前、HoloLensの次のバージョンがA.Iを特徴とすることを確認しています。機械学習のためのプロセッサなので、このティーザービデオは何らかの方法でその機能を示している可能性があります。他の噂も、Hololens 2がIntelプロセッサの代わりにQualcomm ARMプロセッサを搭載することを提案しています。これにより、ヘッドセットに、終日のバッテリ寿命やLTE接続など、常時接続PCの機能が提供されます。

次世代のHoloLensヘッドセットは現在コードネーム“ Sydney”であり、それはより薄く、より軽く、そしてより広い視野を持って来ることができるという噂がある。重要なのは、それが3,000ドルで入ってくる現世代のHoloLensよりも安いことも噂されています。

MicrosoftのMobile World Congress記者会見は2月24日日曜日の午前11時ETに予定されている。このイベントはCEOのSatya Nadella、HoloLensの発明家Alex Kipman、そしてCorporate副社長のJulia Whiteが主催する。これは、スペインのバルセロナで開催される年4回以上のイベントでの最初のプレゼンスです。

次世代のHoloLensヘッドセットも、オリジナルのHoloLensの発売から4年後に発売されます。 Microsoftがすでにこのヘッドセットに電力を供給していると考えられているWindows 10のモジュラーバージョンであるWindows Core OSの開発に取り組んでいるという噂が示しているので、そのタイミングはまさに正しい。 Microsoftは、折りたたみ式のSurface Centarusデバイスとモジュラー式のSurface Studioの開発にも取り組んでいると考えられていますが、これらのプロジェクトはMobile World Congressで議論されたり明らかにされたりすることはないでしょう。