従業員の生産性に対する賃金の影響



<div _ngcontent-c15 = "" innerhtml = "

賃金は生産性にどのような影響を与えますか?

ビッグストック

大小を問わず、企業は間違いなく従業員の生産性向上に注力しています。ある研究によると Workplace Research Foundationによる、従業員のエンゲージメント投資を10%増やすだけで、組織の利益を従業員1人あたり年間2,400ドル増やすことができます。これはほんの一例ですが、従業員の生産性を向上させるための戦略を開発する価値があるという事実は残っています。

つまり、決定 実際に生産性を向上させる方法 別の話です。さまざまな方法がありますが、一部のビジネスオーナーは、賃金が大きな役割を果たす可能性があると考えています。明らかに、私たちのほぼ全員が昇給を望んでいます。しかし、賃金と生産性の間には因果関係がありますか?

最終的に、一部の研究は、賃金の上昇と生産性の間に正のリンクがあることを示唆しています。とはいえ、話は複雑です。

賃金と生産性

賃金と生産性の関係をよりよく理解するには、1つのケーススタディをご覧ください。 Amazonは最近、それがすることを計画していることを発表しました 最低賃金を引き上げる すべての労働者に対して1時間あたり15ドル。最低賃金の引き上げの反対者は最低賃金を引き上げると失業につながると主張するかもしれませんが、ハーバードビジネススクールの研究者はさもなければ。実際、彼らは賃金の引き上げが実際に行うと主張しています。 生産性を高める、最終的に会社の収益を増加させる可能性があります。&nbsp;

ハーバードビジネスレビューによると、アマゾンの場合は賃上げにより、主に2つの理由で生産性が向上します。第一に、現在の従業員は市場レートよりも高い賃金を支払うことが重要な動機付けになる可能性があります。 失うものがもっとある。言い換えれば、労働者は他の会社で同等の給料を見つけるのが難しいため、怠けることでより多くを失う必要があります。このため、彼らは やる気がある 良い仕事をして、彼らの仕事にとどまること。これらの賃金の増加(「効率賃金))はヘンリーフォード自身にまでさかのぼることができます。フォードは、近くの製造工場の労働者の平均賃金をほぼ2倍にした。最高のコスト削減の動き」生産性が大幅に向上したため。

そのため、最終的に、損失の嫌悪感を引き起こすことは、賃金の上昇と生産性を結び付けるように思われます。 2番目の理由は、相互関係にあります。ハーバードビジネスレビューからの研究 ショー 会社が予想外の昇給をするとき、労働者は必要以上に一生懸命働く傾向があること。これは本当です たとえ これらの労働者は解雇されることを恐れていません。実際、調査によると、贈り物は 大体、より多くの労働者を雇うのと同じくらい効率的。基本的に、相互関係は非常に強力な力となり、元の恩恵を「返済」するために従業員がより多くの努力を費やすように仕向けることができます。&nbsp;

したがって、これら2つの力が連携して働くことは、賃金の上昇が生産性の向上につながることを示しているようです。とはいえ、それが唯一の力ではありません。 AonのTrends in Global Employee Engagement Surveyによると、 最も重要な力ではなかった 従業員の生産性の向上。代わりに、のような要因 キャリアの機会とブランドの評判 エンゲージメントのより重要なドライバーと見なされていました。賃金の引き上げは確かに役割を果たしますが、組織内の生産性を向上させる最も効果的な方法ではない場合があります。

進行中の質問

最終的に、賃金の増加が生産性の向上につながるという議論を正当化するいくつかの証拠があります。とはいえ、それが唯一の要因ではなく、最も重要な要因でさえないかもしれません。

ただし、最も効果的な戦略は、上記の組み合わせを含む可能性があります。はい、賃金の増加は、特に予想外の場合、生産性を高める可能性があります。ただし、組織に定義済みのキャリアアップパスを作成するなど、他の戦略を組み込むことを検討することもできます。これらのさまざまなアイデアを活用することで、従業員を最大限に活用する可能性を最大限に高めることができます。

">

賃金は生産性にどのような影響を与えますか?

ビッグストック

大小を問わず、企業は間違いなく従業員の生産性向上に注力しています。ある研究によると Workplace Research Foundationによる、従業員のエンゲージメント投資を10%増やすだけで、組織の利益を従業員1人あたり年間2,400ドル増やすことができます。これはほんの一例ですが、従業員の生産性を向上させるための戦略を開発する価値があるという事実は残っています。

つまり、決定 実際に生産性を向上させる方法 別の話です。さまざまな方法がありますが、一部のビジネスオーナーは、賃金が大きな役割を果たす可能性があると考えています。明らかに、私たちのほぼ全員が昇給を望んでいます。しかし、賃金と生産性の間には因果関係がありますか?

最終的に、一部の研究は、賃金の上昇と生産性の間に正のリンクがあることを示唆しています。とはいえ、話は複雑です。

賃金と生産性

賃金と生産性の関係をよりよく理解するには、1つのケーススタディをご覧ください。 Amazonは最近、それがすることを計画していることを発表しました 最低賃金を引き上げる すべての労働者に対して1時間あたり15ドル。最低賃金の引き上げの反対者は最低賃金を引き上げると失業につながると主張するかもしれませんが、ハーバードビジネススクールの研究者はさもなければ。実際、彼らは賃金の引き上げが実際に行うと主張しています。 生産性を高める、最終的に会社の収益を増加させる可能性があります。

ハーバードビジネスレビューによると、アマゾンの場合は賃上げにより、主に2つの理由で生産性が向上します。第一に、現在の従業員は市場レートよりも高い賃金を支払うことが重要な動機付けになる可能性があります。 失うものがもっとある。言い換えれば、労働者は他の会社で同等の給料を見つけるのが難しいため、怠けることでより多くを失う必要があります。このため、彼らは やる気がある 良い仕事をして、彼らの仕事にとどまること。これらの賃金の増加(「効率賃金))はヘンリーフォード自身にまでさかのぼることができます。フォードは、近くの製造工場の労働者の平均賃金をほぼ2倍にした。最高のコスト削減の動き」生産性が大幅に向上したため。

そのため、最終的に、損失の嫌悪感を引き起こすことは、賃金の上昇と生産性を結び付けるように思われます。 2番目の理由は、相互関係にあります。ハーバードビジネスレビューからの研究 ショー 会社が予想外の昇給をするとき、労働者は必要以上に一生懸命働く傾向があること。これは本当です たとえ これらの労働者は解雇されることを恐れていません。実際、調査によると、贈り物は 大体、より多くの労働者を雇うのと同じくらい効率的。本質的に、相互関係は非常に強力な力になる可能性があり、元の恩恵を「返済」するために従業員がより多くの努力を費やすように仕向けます。

したがって、これら2つの力が連携して働くことは、賃金の上昇が生産性の向上につながることを示しているようです。とはいえ、それが唯一の力ではありません。 AonのTrends in Global Employee Engagement Surveyによると、 最も重要な力ではなかった 従業員の生産性の向上。代わりに、のような要因 キャリアの機会とブランドの評判 エンゲージメントのより重要なドライバーと見なされていました。賃金の引き上げは確かに役割を果たしますが、組織内の生産性を向上させる最も効果的な方法ではない場合があります。

進行中の質問

最終的に、賃金の増加が生産性の向上につながるという議論を正当化するいくつかの証拠があります。とはいえ、それが唯一の要因ではなく、最も重要な要因でさえないかもしれません。

ただし、最も効果的な戦略には、上記の組み合わせが含まれる可能性があります。はい、賃金の増加は、特に予想外の場合、生産性を高める可能性があります。ただし、組織に定義済みのキャリアアップパスを作成するなど、他の戦略を組み込むことを検討することもできます。これらのさまざまなアイデアを活用することで、従業員を最大限に活用する可能性を最大限に高めることができます。