米国のインフルエンザ患者数が700万人を突破:CDC


2019年1月11日金曜日(HealthDay News) – インフルエンザの季節は急増しており、約700万人のアメリカ人がインフルエンザウイルスに感染していると、保健当局は金曜日に述べた。

これらの人々のほぼ半数が医者を訪ねた一方で、69,000人から84,000人の人々がインフルエンザに関連した病気で入院したと、米国疾病管理予防センターは新しいリリースで述べています。

1月5日の時点で、15州とニューヨーク市がインフルエンザの高活動性を報告しており、30州で広まっています。

最も一般的なインフルエンザの種類は、まだインフルエンザA型H1N1です。その株は循環しており、2009年と1918年にパンデミックでした。

1918年、新型インフルエンザが世界中で5000万人を殺しました。しかし、現在のワクチンはH1N1に対して非常に効果的に作用します。CDCによると、それは最大65パーセントの効果があり、インフルエンザワクチンに非常に効果的です。

「H1N1が最も一般的です [strain] 「CDCの国内インフルエンザ監視チームの責任者であるLynette Brammerは先週、この国のほとんどで語った。しかし、東南アジアではH3N2ウイルスがより一般的であることは奇妙だ」と述べた。

インフルエンザA H 3 N 2株は、昨年のインフルエンザシーズンを非常にひどくしたものです。その株が優勢になったとき、ほぼ100万人のアメリカ人が入院し、8万人が死亡しました。

CDCによると、インフルエンザの活動は、アラバマ州、アリゾナ州、カリフォルニア州、コロラド州、コネチカット州、デラウェア州、フロリダ州、アイダホ州、インディアナ州、アイオワ州、カンザス州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、マサチューセッツ州、ネブラスカ州、ネバダ州、ニューハンプシャー州、ニューハンプシャー州の30州で広まった。ジャージー、ニューメキシコ、ニューヨーク、ノースカロライナ、オハイオ、オレゴン、ペンシルベニア、ロードアイランド、サウスカロライナ、ユタ、バーモント、バージニアおよびワイオミング。

CDCは、インフルエンザによる成人の死亡を追跡していませんが、小児死亡については注意を払っています。 1月5日の時点で、その合計は16です。

「来たるインフルエンザシーズンはまだまだあります」とBrammerは先週述べた。 「今後数週間は活動が続くと予想される」

あなた自身とあなたの周りの人々を守るための最善の方法はインフルエンザの予防接種を受けることです、そして予防接種を受ける時間はまだたくさんあります、と彼女は言いました。