米国の糖尿病眼科検査頻度は「驚くほど低い」


ミリアムE.タッカー
2019年2月12日

米国の1型糖尿病と2型糖尿病の被保険患者の眼科検査の頻度は「驚くほど低い」と、新しい研究は示しています。

全国的なIBM Watson Healthのクレームデータの分析からの調査結果は、最近オンラインで公開されました。 糖尿病治療 ジョージア州アトランタの疾病管理予防センターのStephen R. Benoit医学博士、および同僚。

ベースライン時に2型糖尿病で糖尿病性網膜症のない約30万人の被保険者のうち、ほぼ半数が過去5年間に検診の受診を記録せず、米国糖尿病協会(ADA)の年間または2年ごとの勧告に合格したのは約7人に1人でした。 。 1型糖尿病の約3000人のうち、約3分の1が5年間で視力検査を受けなかったため、わずか4分の1がADAの勧告を満たしました。

「目の検査の頻度は驚くほど低く、糖尿病患者の間で視力を脅かす眼疾患を検出し予防するためにはヘルスケアの体系的な変化が必要であるかもしれないという豊富な文献を追加している」とBenoitらは書いている。

両タイプの糖尿病に対する眼科検査率が低い

この調査には、2010年から2014年の間にIBM Watson Healthにデータを提供した保険会社と雇用主が参加しました。

2型糖尿病で糖尿病性網膜症のない298,383人の患者のうち、48.1%が試験期間中に検診を受けなかった、そして15.3%だけが年1回または2年に1回の眼科試験訪問のためのADA勧告を満たした。

試験開始時に糖尿病性網膜症を発症した2型糖尿病患者13,215人のうち、11.2%が試験期間中に視診を受けなかった、50.9%がADAの勧告を満たした。どちらの場合も、試験の実施率は若年成人の間で低かった。

試験前の5年以上の1型糖尿病患者で、ベースライン時に糖尿病性網膜症がなかった患者2949人のうち、33.6%が試験期間中に検眼を受けず、ADAの推奨を満たしたのは26.3%のみでした。

試験開始時に糖尿病性網膜症を発症した1型糖尿病患者1429人のうち、8.9%が5年間で検診を受けず、63.5%がADAの推奨を満たしていました。また、検査率は1型糖尿病の若年患者の間で低かった。

目の検査を受けた人々のうち、高い網膜症率が発見された

5年間にわたり目の検査を受けた146,151人の2型糖尿病患者のうち、24.4%が糖尿病性網膜症、8.3%が重症非増殖性糖尿病性網膜症、増殖性糖尿病性網膜症と定義されています。または黄斑浮腫。

網膜症の有病率は、女性と比較して高齢患者および男性で高かった(27.3%対21.7%; P <0.0001)。

目の検査を受けた1型糖尿病患者13,882人のうち、54.0%および24.3%がそれぞれ糖尿病性網膜症および視力を脅かす糖尿病性網膜症を有していた。そして2型糖尿病と同様に、年上の男性と男性の有病率はより高かった。

特に心配なことに、Benoitらは、40〜64歳の1型糖尿病患者のほぼ3分の1、30.6%が視力を脅かす糖尿病性網膜症を患っていたことを指摘した。

「医療の体系的な変化が必要かもしれない」

ケアへのアクセスは時宜を得た眼科検査への障壁としてしばしば引用されるけれども、この研究のすべての患者は健康保険を持っていたので明らかに他の問題がある、と著者は言います。

「糖尿病の人々の間で最適以下のアイケア利用の一貫性のために、ヘルスケアの体系的な変化が必要であるかもしれません」と、彼らは促します。

遠隔医療は1つの実行可能な選択肢であるかもしれない、と彼らは示唆します、しかし、「他の介入は分割医療システムを単純化して改善することができるので、アイケアは糖尿病医療のシームレスな部分です」。

「これが起こるまで、 [diabetic retinopathy] 労働年齢の成人の間で失明の主な原因であり続けるだろう」

著者らは関連する金銭的関係はないと報告している。

SOURCE:Medscape、2019年2月12日。糖尿病治療。 2019年1月24日にオンラインで公開されました。