自律走行トラックの新興企業Einrideが米国市場に2500万ドルの新規資金を投入– TechCrunch


貨物を運搬するように設計された未来のポッドで知られるスウェーデンの自動運転車の新興企業であるアインライドは、米国への進出資金として使用されるシリーズAラウンドで2,500万ドルを調達しました。

ラウンドはEQT Venturesが共同で主催しました パナソニック、ホンダ、オムロン、国際協力銀行が支援する基金であるNordicNinja VC。ラウンドに参加している他の投資家には、エリクソン・ベンチャーズ、ノルスケン財団、プラム・アレイ・インベストメンツ、プラグアンドプレイ・ベンチャーズが含まれます。スタートアップはこれまでに3200万ドルを調達した。

アインライドの 自動運転車はトラックではありませんが、同じ貨物運搬タスクを実行するためのものです。 2017年に発表された同社のT-Pod電気自動車は、今年5月から公道を走り続けています。

2016年に設立されたEinrideは、ロジスティクスプロバイダーDB SchenkerやスーパーマーケットチェーンLidlなど、いくつかの顧客契約を結びました。 EinrideにはDB Schenkerとの商用パイロットがあります。 スタートアップは「米国を拠点とする大手小売企業」にも名前を付けずに署名したと語った。

同社によれば、この資金はより多くの人を雇い、ソフトウェアプラットフォームに投資し、特に米国を中心に国際的に拡大するために使用される。アインライドは来年、米国オフィスを開設する予定です。

「私たちの野望は、輸送業界を混乱させることであり、シリーズAを閉じることで、その目標に一歩近づきます」と、Einrideの共同設立者兼CEOであるRobert Falck氏。 「この資金により、米国での事業拡大を開始し、技術ロードマップを実現し、急速に増加する顧客の需要に応えることができます。」