骨粗鬆症に対するBoniva vs. Forteo処方治療:差と副作用


BonivaとForteoは同じものですか?

Boniva(ibandronate)とForteo(teriparatide) [rDNA origin])は骨粗鬆症を治療または予防するために使用されます。

ボニバはビスホスホネートであり、フォルテオは副甲状腺ホルモンの一種です。

同様のBonivaとForteoの副作用には、頭痛、下痢、悪心または胃の不調、関節痛、めまい、または注射部位の反応(痛み、腫れ、あざ、かゆみ、または発赤)が含まれます。

Forteoとは異なるBonivaの副作用には、背中の痛み、目の赤みや腫れ、インフルエンザのような症状、腕や脚の痛み、脱力感、アレルギー反応、消化不良、嘔吐、めまい、上気道感染症などがあります。 、肺炎、または尿路感染症(UTI)。

Bonivaとは異なるForteoの副作用には、この薬を使用して4時間以内に速い鼓動、筋肉のけいれんやけいれん、足のけいれん、咳、のどの痛み、鼻水、首の痛み、または便秘があります。

Bonivaは、カルシウム、アルミニウム、マグネシウム、または鉄を含む製品(制酸剤、サプリメント、ビタミンなど)と相互作用する可能性があります。アスピリンまたは非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)。

Bonivaの副作用は何ですか?

Bonivaの一般的な副作用は次のとおりです。

  • 背中の痛み、
  • 頭痛、
  • あなたの目の発赤または腫れ
  • 下痢、
  • インフルエンザのような症状
  • 吐き気や胃のむかつき、
  • 腕や脚の痛み
  • Bonivaが注射された場所の発赤または腫れ
  • 弱さ、
  • アレルギー反応、
  • 消化不良、
  • 嘔吐、
  • 関節痛、
  • めまい、
  • 回転感覚(めまい)、
  • 上気道感染症、
  • 肺炎、または
  • 尿路感染。

Forteoの考えられる副作用は何ですか?

Forteoの一般的な副作用は次のとおりです。

  • 筋肉のけいれんやけいれん、
  • 足のけいれん、
  • 関節痛、
  • 咳、
  • 喉の痛み、
  • 鼻水、
  • 頭痛、
  • 首の痛み、
  • 吐き気、
  • 便秘、
  • 下痢、または
  • 注射部位の反応(痛み、腫れ、あざ、かゆみ、または発赤)。

以下のようなForteoの副作用はありそうもないが深刻な副作用がある場合は、医師に相談してください。

  • 気絶、
  • 異常な疲労感、または
  • 精神的/気分の変化(混乱など)

ボニバとは何ですか?

Boniva(イバンドロネート)は、閉経後の女性の骨粗鬆症の治療または予防に使用される体内の骨形成および分解のサイクルを変化させるビスホスホネート薬です。ボニバは骨量を増加させながら骨量減少を遅らせ、それは骨折を防ぐかもしれません。

Forteoとは何ですか?

フォルテオ(テリパラチド) [rDNA origin]注射は、骨折の危険性が高い男性と女性の骨粗鬆症を治療するために使用される体内に天然に存在する人造の副甲状腺ホルモンです。