Apple TV +が11月1日に発売。潜水艦は月5ドルかかります


ほぼ6か月間、Appleは来るべきストリーミングプラットフォームをサービスではなく概念として扱ってきました。クパチーノ社は、3月のサービス中心のイベントでApple TV +を公式に発表しましたが、それ以降、一部のショーの予告編をリリースする以外は、特徴的に沈黙しています。価格。可用性。番組がシーズンごとに落ちるか、Netflixスタイルか、または従来のテレビのようなスロードリップのリリースに固執するか。顕著な詳細に名前を付けてください。Appleが明確にすることを拒否したものです。

Steve Jobs Auditoriumでの今日のイベントの大部分はハードウェアのために予約されると予想されていましたが、同社は初めてApple TV +に深く入り込みました。それは「もう一つ」の瞬間でしたか?そうではありませんでした。発表はイベントの開始時に行われました。しかし、コードカッターにもう1つ考慮すべき点があります。

写真:アップル

最も重要なのは、Apple TV +が11月1日に発売され、家族全員で月額4.99ドルになるということです。ショーの数が限られているいくつかの国でサービスが開始され、その後、領土とラインナップの両方が急速に拡大します。シリーズのほとんどは、開始する3つのエピソードで利用可能になり、その後、毎週のリリーススケジュールに収まります。

また、iPhone、iPad、またはMacを購入するたびに1年間無料でサービスを提供しています。これは、Apple TVセットトップボックス、およびiOSデバイス上のAppleの改良されたTVアプリ、およびCatalinaで始まるMacOSからも利用できます。

すべて順調で、一般的には過去1か月程度のレポートを維持しています。しかし、ストリーミング戦争の次の段階は、Appleの3月のイベント以来ずっと焦点が絞られており、TV +の道を楽にする方法ではありません。 Disney +は、独自の発売日(11月12日)と価格(6.99ドル)に加えて、既にディズニー、スターウォーズ、ピクサー、その他の実り多いIP領域を通過するコンテンツパイプラインのかなり広範な範囲を詳しく説明しています。 WarnerMedia自身のサービスは来年初めまで来ないかもしれませんが、現在はHBO Maxという名前と、友だち 独自のスレート。

NBCUniversalをミックスから除外しないでください。特に、 オフィス、Netflixで最も視聴されている番組。また、最近のCBSとViacomの合併により、CBSオールアクセスは独自のプラットフォームを強化し、次のようなパラマウントフランチャイズにアクセスできるようになりました。 トップ・ガン そしてトランスフォーマーの宇宙。