BMW、Cooper SE搭載の初のオールエレクトリックMiniを発表 – TechCrunch


オール電化のMini CooperはかつてデモカーでありEVファンにとっては夢だったが、今では真に競争力のある範囲と完全に純粋な電気ドライブトレインを備えた人々が実際に買うことができる車になっている。新型Mini Cooper SEは、235〜270 km(146〜168マイル)の走行距離と最大50 kWの急速充電が可能な、このブランドで初めての純粋な電気小型車です。

Cooper SEはわずか7秒でゼロから60までの加速を管理することができ、最大181 HPに相当する能力を提供することができるというボンネットの下のエンジンを持っています。あなたはその瞬間の加速を得るでしょう、それは全電気式エンジンの自然な利益であり、そしてわずか3.9秒で37 mphにラインから本当に素早く飛び降りる。

もちろん、これらのパフォーマンスの数値は、Tesla Model S(またはその点ではModel 3)のようなものとは一致せず、同様にその範囲もまったく同じではなく、それが最大の課題となる可能性があります。しかし、古典的な3ドアのミニクーパーデザインはそれ自体引き分けであり、そして32,500ユーロの開始費用から換算すると、自動車の価格はおよそ36,400ドルであり、それは高級レベルの初心者レベルでそれを買い手にとって魅力的にすることができる。 。

その一方で、これはBMWグループの最初の電気自動車でもあり、ドライバーに完全な回生ブレーキとライトのどちらを選択するかを選択できます。つまり、ガスから足を離したときの減速度を調整できます。これは、ガソリン車から乗り換える人、あるいは可能な限りパフォーマンスを調整できるようにしたい人にとっては別の素晴らしい選択肢です。

BMW Groupは、2020年3月の納入予定日で、これらのASAPの出荷を開始する予定であり、既に登録済みのお客様から大きな関心を集めていると述べています。