Bumbleが、Tinder's Boostの独自バージョンであるSpotlightを発表 – TechCrunch


現在Tinderがデートアプリ市場で最大のライバルであるBumbleは、本日、Tinderの独自の「Boost」機能をリリースしました。 Bumbleでは、これは「Spotlight」と呼ばれており、他のユーザーよりも多くの人に見られるように、ユーザーが自分のプロフィールをキューの先頭までぶつけて支払うことを許可しています。

Tinder Boostと非常によく似ていますが、ここでの考え方は、ユーザーが自分のプロフィールを見る前に他のプロフィールをスワイプするまで待つ必要がないため、行の先頭に移動するとより早く試合を見つけることができるということです。さらに、あなたが自分のプロフィールページにたどり着いたことのない人にSpotlightを見てもらうこともできます。

Spotlight、あるいはBoostは、すべての出会い系アプリユーザーが必要とするものではありません。

今日のデートアプリでは、プロフィールの人気、全員にすばやくスワイプするか選択性が高いか、写真が高画質かぼやけているかなど、さまざまな要素に基づいてプロフィールが整理されます。あなたがアプリで簡単に試合をする傾向があるならば、あなたはSpotlightを必要としないかもしれません。しかし、あなたのプロフィールがもう少し下回っているのではないか、あるいはあなたのプロフィールが見られていることを確認したいだけなら、この機能は役に立つかもしれません。

Spotlightを使用するには、Bumbleユーザは2コインを支払う必要があります(別のアプリ内購入で購入)。 1コインは、米国では0.99ドル、英国では1.99ポンドです。その後、Spotlightは、今後30分間、自分のプロファイルを他のユーザーに表示します。自分のプロフィールにはフラグが付けられたりラベルが付けられたりすることはありません。そのため、Spotlightを宣伝に使用したことを誰にも知られていません。ただし、Spotlightを購入したユーザは、有効になっている間はBumbleアプリの上部に星が表示されるため、Spotlightがアクティブであることを認識します。

Spotlightは、例えば、swipe-to-likeやsuper-likeを既に採用した後も、Bumbleが同様の機能を導入することでTinderに正面から挑戦し続ける別の方法を表しています。

この動きはまた、Match Groupが成功を収めた別の四半期に続き、その主力アプリであるTinderからの収益に支えられています。

他の出会い系アプリのプロパティと組み合わせることで、Matchは前年同期比21%増の4億5,700万ドルの収益を上げ、アナリストの予想を上回りました。 Tinderによると、同社の有料加入者数は、5000万人を超える総ユーザー数のうち、年末現在で430万人にまで増加したという。 (同社は、所有しているユーザーの数を明らかにしていない。)

一方、Bumbleは本日、世界中で5000万人のユーザーに到達し、毎日84,000人の新規ユーザーが追加されていると述べています。

SpotlightはBumbleが提供するいくつかのアプリ内購入の1つであり、最近追加されたプロファイルフィルタにアクセスするオプションや、オンラインデートからデジタルデトックスを利用できるSnoozeなどの無料機能もあります。