メイシー・ウィリアムズの才能発見スタートアップのDaisieが250万ドルを調達し、1万人の会員に当たる – TechCrunch


メイジー・ウィリアムズ タイムオン ゲーム・オブ・スローンズ 彼女の才能発見アプリDaisieはまだ始まったばかりです。映画製作者Dom Santryによって共同設立されたDaisieは、ソーシャルネットワーキングスタイルのプラットフォームを通じて、制作者が自分の作品を展示し、プロジェクトを発見し、互いに協力し合うことをより容易にすることを目指しています。 Daisie後わずか11日 公式に公開され、アプリは10万人のメンバーの初期のマイルストーンを打ちました。 TechCrunchによると、同社は最近、250万ドルのシードファンドも閉鎖したという。

ラウンドは150万ドルを貢献した創設者基金によって主導されました。他の投資家には、AngelListの元マーケティング責任者Niv Drorの8VC、K​​leiner Perkins、そして新しいVC企業のShrug Capitalも含まれていました。今日までに – 友人や家族のお金、そして創設者自身の投資を含めて – 、Daisieはおよそ300万ドルを集めました。

サントリーによると、それは後でより大きなシリーズAの育成に向かって動くでしょう。

Daisieでは、作成者はソーシャルネットワーク上で行うのと同じようにプロファイルを作成し、他のユーザーを見つけてフォローしてから、場所、活動、またはその他の要因に基づいてプロジェクトを探します。

「それが映画、音楽、写真、芸術であろうとなかろうと、すべてが共同制作者を探すのに最適化されています」とSantryは説明します。 「それで、積極的にオープンで、参加する人を探しているプロジェクトは、私たちが本当に人々が発見し、うまくいけば参加することを推進しているものです」と彼は言います。

タレント発見への代替パスを提供するという同社の目標は、タイムリーなものです。今日、クリエイティブ業界は、#MeTooと#TimesUpの動きの影響により、他の多くの業界と同様に目覚めています。電力を浪費する虐待者が仕事を失うにつれて、新しい働き方、ネットワーキング、および調達の才能が定着しています。

Williamsが昨年このアプリを最初に紹介したときにWilliamsが言ったように、Daisieの焦点は作成者に力を戻すことにあります。

"の代わりに [creators] 「自分の仕事は何かという他人の考えに合うように自分自身を売り込む必要があるので、彼らは自分たちの芸術を自分たちのために語らせることができます」と彼女はその時に言いました。

このアプリは昨年夏にiOS上の招待限定ベータ版として発売され、すぐにユーザーの急増を見ました。第1週に37,000ダウンロードした後、クラッシュしました。

「コミュニティは私たちが構築した製品よりもはるかに大きいこと、そしてその規模は適切に行うために必要なものであることを私たちは認識しました」と、SantryはTechCrunchに言います。

共同作業者がDaisieでお互いを見つけると、コミュニケーションツールやファイルを共有する方法がないため、お互いに連絡を取るための明確な方法はありませんでした。

「コンセプトからプロダクションまでの道のりはかなり濁っていて、かなり混乱していました…そこで、チームをまとめるのであれば、実際に彼らに働きかける場所を与えたいと思いました。サントリー氏は次のように述べています。

この広い概念を念頭に置いて、Daisieはベータ版の発売直後にサンフランシスコで募金活動を始めました。ラウンドは最初2018年10月に閉まりました、しかし最近ではDrorの投資を可能にするために再開されました。

追加の資金で、Daisieは、Monzo、Deliveroo、BBC、Microsoftなどの新入社員を含む5人から18人のチーム、特に規模に合わせたアプリケーションの設計に精通したエンジニアを育成することができました。より良いインフラストラクチャとより広範な機能セットを開発することを任務とし、チームはDaisieをWebに持ち込むことに取り組むことにしました。

9か月後、新しいバージョンが一般公開され、負荷を処理するのに十分安定しています。今日、それは10万人のユーザーを突破しました – そのほとんどはロンドンにいます。しかし、Daisieは今後もベルリン、ニューヨーク、L。Aなど、他の都市へのアプリの採用に注力する予定です。

同社は収益化のアイデアを念頭に置いているが、このアプリは現在収益を生み出していない。しかし、Daisieが自分たちのプロジェクトにふさわしい人材であることをDaisieに求めている企業からの問い合わせはすでに解決されています。

「私たちはプラットフォーム上のクリエイターに最善を尽くします。したがって、それがクライアントを迎え入れること、そしてうまくいけばそれらのコネクティビティの機会を提供することを意味するのであれば、私たちは絶対に私たちの役割です。 [go] サントリーは言います。

このアプリは、Maisie Williams自身のDaisy Chain Productionsの才能のあるパイプラインとしても機能します。実際、Daisieは最近、London Creatingというキャンペーンを実施しました。このキャンペーンは、若くて新しいクリエイターをプロジェクトチームと結びつけたものです。

結果として、Daisy Chain ProductionsはDaisieのコラボレーションによる映画を制作する予定です。

有名人がプロジェクトにその名前を貸すこと以上のことをしないことが時々ありますが、ウィリアムズはDaisieを地面から降ろすという点で実際的でした、とSantryは言います。 2019年の第一四半期に、彼女はDaisie 9対5に取り組みました、と彼は言います。しかし彼女はそれ以来別の映画プロジェクトを始め、女優として働き続けることを計画している、それは彼女の日々の関与を制限するであろう。現在および将来の彼女の役割は、より高度なものになるでしょう。

「彼女の役割は、文化的に次のようになります。Daisieはどこに立っているのでしょうか。私たちは何の略ですか?誰と協力しますか?彼は言い​​ます。 「どのようにしてクリエイターをいたるところで手助けしていますか?それは主に、MaisieがDaisieが確実に行うことを望んでいることを望んでいます。」

HBOシリーズが終わった今、7つの 'Game of Thrones'スターが次にしていること


「The Iron Throne」と呼ばれる日曜の「Game of Thrones」のエピソードは、HBOのヒットシリーズの終わりを告げるものでした。しかし観客は、ショーの俳優がスクリーンに戻ってくるのを見るまで待つ必要はありません。

Sophie Tuner(Sansa Starkを演じた人)とNikolaj Coster-Waldau(Jaime Lannister)は、これから数週間で劇場にやってくる映画に出演します。 Brian De Palma監督のスリラー「Domino」。

Emilia Clarke(Daenerys Targaryen)が今年後半にNetflixのロマンチックコメディに出演し、Peter Dinklage(Tyrion Lannister)が「The Wild Bunch」のリメイクで主演すると伝えられている。

"Game of Thrones"のショーランナー、David BenioffとD.B.さえも。 Weiss、彼らの次のプロジェクトはすでに並んでいます、そしてそれは彼らをはるか遠くにある銀河に連れて行くでしょう。

以下は、「ゲーム・オブ・スローンズ」の主なキャストメンバーと、彼らが次に主演しているプロジェクトです。

Robin、オフィスを最適化するために2000万ドルのシリーズBを調達 – TechCrunch


オフィス運営の改善を目指すスタートアップであるRobin Poweredは、本日、2000万ドルのシリーズBの資金調達を完了することを発表しました。このラウンドはTola Capitalが主導し、既存の投資家であるAccompliceとFirstMarkが新しい戦略的なAllegion Venturesと共に参加しました。

ロビン One Mighty Roarと呼ばれる機関の一環として、Robin Poweredの共同創設者Sam Dunnと彼の2人の共同創設者がクライアントのライブイベントのためのRFIDとビーコンの技術を開発しました。 2014年に、彼らはRobinとして技術をスピンアウトし、近代的なオフィスに焦点を合わせました。

オフィスはあらゆるビジネスの中で最も効率の悪い部分の1つとなるでしょう。会社が成長するにつれて、あるいは成長しないとしても、オフィスの「在庫」と、それが一日を通して労働者によってどのように使用されるかを理解することは特に困難です。

「以前、私があなたがあなたの次のオフィスから何を必要としているかをあなたに尋ねたならば、あなたは周りを回って従業員を調査するか、建築会社を雇うかもしれません」 「毎週木曜日の午後3時にマネージャがインターンを回して従業員にオフィスについて話したという話を聞きました。それは建築会社に引き渡された2つの情報のうちの1つでした。一日の終わりには、会議室が不足しているのか、電話会議対応の部屋が不足しているのか、または共同作業スペースがあるのか​​を把握するのは困難です。」

Robinが登場するのはRobinの出番です。Robinは、Google CalendarとOutlookを利用して、オフィスで利用可能な会議室やアクティビティスペースをタブレットの看板で一目で把握できるようにします。会議はRobinの出発点ですが、同社はまた、座席表やオフィスマップ、さらに洞察のためのツールも提供できます。同社は、このオフィスまたはそのオフィスのスペースがどのように使用されているかについての洞察を提供したいと考えています。

Robinは、1部屋あたり(300ドル)および1机あたり(24ドル – 60ドル)クライアントに請求します。希望は、WeWorkがその物理的なスペースと並んで提供するのと同じ技術的バックボーンをクライアントのオフィスに構築することであり、すべてのビジネスに最大の投資の1つであるオフィス自体を最適化する機会を与えます。

Robinは合計3000万ドルを調達しました。

GoogleがHuaweiと別れ、Androidのアプリやサービスからそれをブロック


スマートフォン市場に大きな影響を与える可能性のある週末のちょっとしたニュースで、 ロイター 「GoogleはHuaweiとのビジネスを中断しており、オープンソースライセンスを介して公的に利用可能なものを除き、ハードウェア、ソフトウェア、および技術サービスの譲渡が必要です。」

翻訳:Huawei社は将来のデバイスに本格的なバージョンのAndroidを実装することができなくなり、Googleサービスなどへのアクセスを失います。代わりに、Androidのオープンソースコンポーネントを使用することのみ許可されます。これは、Google Playストア、Gmail、YouTubeがないことを意味します – 少なくとも大きな回避策がない限り。

私達はそれ以来独自に確認しました ロイター 他のいくつかの出版物と同様に報告する。解散が恒久的なものであれば、それはファーウェイのスマートフォンビジネスにとって中国以外のほぼどこでも大きな打撃となる可能性があります。

この動きは、Huaweiの中国の諜報機関との関係に対する米国の疑念に基づいています。 起訴 米国の技術を盗み、水曜日にトランプ政権と結集して「Entity List」に入社した。クアルコムのようなアメリカ企業との取引をファーウェイが事実上妨げるのは貿易ブラックリストです。、インテル、そして米国政府の承認なしにグーグル。

言い換えれば、GoogleがHuaweiを捨てることは、中国の巨大企業との関係を断つという独立した決定ではなく、Trumpブラックリストへの準拠の問題であるように思われる。ブラックリストの範囲が広いことは、他のハイテク企業も近々関係を断つことを確実にしていることを意味します – グーグルは単に最も有名なパートナーです。

Huaweiのブラックリストステータスについて尋ねられたとき、グーグルのスポークスマンは単に答えました:「我々は命令を遵守し、そしてその影響を検討しています。」

クレジット:Huawei社