Cisco Live、2019年のカスタマーイベントおよびパートナーイベント、Cisco Liveで人と文化を深める



<div _ngcontent-c14 = "" innerhtml = "

シスコはCisco Live 2019で人と文化を学びました

シスコシステムズ

先週、私はカリフォルニア州サンディエゴで開催されたCisco Live 2019に出席しました。あなたが私たちの分析と記事に従うならば、あなたはシスコシステムが会社Moor Insightsであることを知っています。戦略のアナリストと私は非常に綿密に従います。私たちは、コンピューティング、クラウド、ストレージ、ネットワーキング、ソフトウェア、セキュリティ、そしてそのリーダーシップにおいて、彼らをしっかりとフォローしています。ハイテク企業を知るための最良の方法の1つは、Cisco Liveのような最高の顧客とパートナーの会議に参加することです。あなたとあなたの組織が何らかの形でネットワーキングやセキュリティに関わっているのであれば、そこが最適な場所です。

今年は28,000人以上が参加し(そしてシスコによれば、50万人にのぼるオンライン)、基調講演、技術トレーニング、展示会などが開催されました。昨年の会議のように(私の記事を見てください ここにCisco Live 2019は新製品の発表を控えめにしており、戦略の発表と以前の発表の発表ではありませんでした。それで、私は再び会議からの会社文化のテイクアウトのいくつかに私の注意を向けたいと思いました。さらに読むために、私の同僚、ネットワーキングアナリストのウィルタウンゼンドは、彼のイベントについての見解を述べました。 ここに

最高人事責任者Fran KatsudasがC-Scapeをキックオフ

私はC-Scapeと呼ばれるイベント内イベントに参加しました。これは、本質的には、Cisco Live内での業界アナリスト会議です。私が今までに参加した他のアナリストイベントとは異なり、シスコはそのエグゼクティブバイスプレジデント兼チーフピープルオフィサーのFran Katsudasに物事をはじき出させました。 Katsudasさんとそのチームの過去数年間の取り組みについて、 シスコのピープルディールシスコがその従業員に約束する約束と、その見返りとして求められるものそれがそれが呼び出すものをどのように育てるか 組織内の意識的な文化。私がCEOのChuck Robbinsに、シスコが現在の最初のコースに参加したことを評価している一方で、Katsudas氏と彼女のチームは、これらの取り組みを直接担当していることから大きな評価を得ています。言うまでもなく、私は彼女の直接基調講演のC-Scapeから聞いて興奮していました。

KatsudasはC-Scapeの基調講演を冗談で先導し、これまでC-Scapeで話したことはなかったにもかかわらず、聴衆が実際には正しい部屋にいたことを確認しました。これまでのC-Scapeのキーノートには、最高戦略責任者、最高マーケティング責任者、およびビジネス統一リードが含まれていました。彼女は、企業文化がシスコの勝ちであると主張することによって表を打ち立てました。それは、シスコの収益に多大な影響を与え、顧客にとってより大きな価値を生み出すことができるのです。これはすべてのテクノロジー企業に当てはまりますが、シリコンバレーの人材と戦う成熟した(ユニコーンではない)企業であるCiscoにも当てはまります。そして彼女は、Robbins氏が実権を握った上で、シスコの文化のどの要素を祝うべきであり、どれを打ち切る必要があるのか​​を特定したいと述べた。

移行中の会社

Katsudas氏は、過去10年間のシスコの軌跡について「変革の旅」と語っていましたが、クラウド、ホワイトボックス、ソフトウェア定義型ネットワーキング、およびサブスクリプションサービスの登場により、当初の課題は明らかになりました。シスコのビジネスモデルに対する脅威、シスコは振り向いてそれらを受け入れました。今度は、かつての脅威がシスコの最大の利点になったことを、Katsudas氏は強調しました。 SDNは、シスコのオートメーションプラットフォームの中心であるため、シスコが現在行っていることの大部分を占めています。私はこれが公正な評価であると思いますが、私はシスコがSDNに早くより重くなることを優先したほうがいいでしょう。確かに、セキュリティとソフトウェアサブスクリプションの売上におけるシスコの成功は目覚しいものでした。

人と人事の革新

続いて彼女は、シスコが研究開発に60億ドルをコア事業に投資していることに注目しながら、同社の変革戦略にどのように重要な革新がもたらされたかについて話し続けました。同氏は、シスコのアプリケーションセントリックインフラストラクチャはデータセンター事業の革新の結果として生まれたものであり、シスコの革新的なCatalyst9Kスイッチサブスクリプション(同社の歴史の中で最も急成長している製品)にも言及しました。彼女は、従業員のさまざまなスキルや能力を集めることの重要性を指摘した、人事の領域を含め、常に会社のあらゆる象限を革新する必要があることを強調して、このセグメントをまとめました。これはKatsudasの日々の仕事である最高人事責任者に戻る良い移行であると思いました。

これにより、シスコ自身の人々からの「厳しいフィードバック」に対処するために2014年に開始された、シスコの前述のPeople Dealに戻りました。ピープルディールを通じて、シスコは、優れたアイデアを追求し、現状に挑戦し、個人的なスキルを身に付けるために、従業員に「オープンでアジャイルな」環境を提供しようとしました。ピープルディールの結果、シスコの人々は「生き生きとした」と言い続けました。「最高の」チームは従業員を2.74回以上雇用し続けているなど、幸せな人々と幸せなチームに関するいくつかの重要な統計情報を共有しました。また、毎日自分の強みを活かしている従業員は、生産性と創造性が20%高く、勤務時間は6倍です。

彼女がした次の論点は、チームが加入する「トロイの木馬」であり、それが提供する市場を完全なスペクトルの多様性で反映するというシスコの目標を強調しているということでした。続いて彼女は、シスコが多様性への取り組みを受け入れたことで、その数が増えていくのを見たと述べました。シスコは、グローバルな賃金平等のメリットを享受しており、現在7社の立場に立っています。番目 ハイテクで最も多様な会社。

Katsudas氏は、シスコのConscious Cultureと、コミュニティに恩返しをすることに関する同社の全体的な哲学についてさらに話しました。彼女は、シスコの従業員は、重要な原因を取り戻すための努力に対して「権限を与えられ、認識されている」と説明しました。同氏はまた、100カ国以上の国々でグローバルに事業を展開しているため、シスコが大規模に影響を与える能力を強調しました。

まとめ&nbsp;

C-Scapeからの私の主なテイクアウトはこれでした:CiscoはそのKatsudasさんと彼女の人々に焦点を当てたコンテンツでその業界アナリストの日を始めたその従業員と文化についてとても気にします。企業がイベントの主導権を握ることに決めたのは誰かということには、非常に大きな考え方があります。これは、シスコの優先事項を示す意図的な選択であると考えてください。シスコがピープルディールと企業文化を最も重要な差別化要因の1つとして捉えていることは明らかです。私は同意する傾向があります。

">

シスコはCisco Live 2019で人と文化を学びました

シスコシステムズ

先週、私はカリフォルニア州サンディエゴで開催されたCisco Live 2019に出席しました。あなたが私たちの分析と記事に従うならば、あなたはシスコシステムが会社Moor Insightsと戦略のアナリストであることを知っています、そして私は非常に綿密に従います。私たちは、コンピューティング、クラウド、ストレージ、ネットワーキング、ソフトウェア、セキュリティ、そしてそのリーダーシップにおいて、彼らをしっかりとフォローしています。ハイテク企業を知るための最良の方法の1つは、Cisco Liveのような最高の顧客とパートナーの会議に参加することです。あなたとあなたの組織が何らかの形でネットワーキングやセキュリティに関わっているのであれば、そこが最適な場所です。

今年は28,000人以上が参加し(そしてシスコによれば、50万人にのぼるオンライン)、基調講演、技術トレーニング、展示会などが開催されました。昨年の会議と同様に(こちらの記事はこちらを参照)、Cisco Live 2019は新製品の発表については比較的静かで、戦略の発表と前回の発表の発表ではありませんでした。それで、私は再び会議からの会社文化のテイクアウトのいくつかに私の注意を向けたいと思いました。さらに読むために、私の同僚、ネットワーキングアナリストのウィルタウンゼンドは、彼のイベントについての見解を述べました。 ここに

最高人事責任者Fran KatsudasがC-Scapeをキックオフ

私はC-Scapeと呼ばれるイベント内イベントに参加しました。これは、本質的には、Cisco Live内での業界アナリスト会議です。私が今までに参加した他のアナリストイベントとは異なり、シスコはそのエグゼクティブバイスプレジデント兼チーフピープルオフィサーのFran Katsudasに物事をはじき出させました。私は、Katsudas氏と彼女のチームの過去数年間の取り組みについて、CiscoのPeople Dealからたくさん書いています。シスコが従業員に約束する約束と、その見返りに求めていることから、組織内で意識的な文化と呼ばれるものをどのように育てているか。私がCEOのChuck Robbinsに、シスコが現在の最初のコースに参加したことを評価している一方で、Katsudas氏と彼女のチームは、これらの取り組みを直接担当していることから大きな評価を得ています。言うまでもなく、私は彼女の直接基調講演のC-Scapeから聞いて興奮していました。

KatsudasはC-Scapeの基調講演を冗談で先導し、これまでC-Scapeで話したことはなかったにもかかわらず、聴衆が実際には正しい部屋にいたことを確認しました。これまでのC-Scapeのキーノートには、最高戦略責任者、最高マーケティング責任者、およびビジネス統一リードが含まれていました。彼女は、企業文化がシスコの勝ちであると主張することによって表を打ち立てました。それは、シスコの収益に多大な影響を与え、顧客にとってより大きな価値を生み出すことができるのです。これはすべてのテクノロジー企業に当てはまりますが、シリコンバレーの人材と戦う成熟した(ユニコーンではない)企業であるCiscoにも当てはまります。そして彼女は、Robbins氏が実権を握った上で、シスコの文化のどの要素を祝うべきであり、どれを打ち切る必要があるのか​​を特定したいと述べた。

移行中の会社

Katsudas氏は、過去10年間のシスコの軌跡について「変革の旅」と語っていましたが、クラウド、ホワイトボックス、ソフトウェア定義型ネットワーキング、およびサブスクリプションサービスの登場により、当初の課題は明らかになりました。シスコのビジネスモデルに対する脅威、シスコは振り向いてそれらを受け入れました。今度は、かつての脅威がシスコの最大の利点になったことを、Katsudas氏は強調しました。 SDNは、シスコのオートメーションプラットフォームの中心であるため、シスコが現在行っていることの大部分を占めています。私はこれが公正な評価であると思いますが、私はシスコがSDNに早くより重くなることを優先したほうがいいでしょう。確かに、セキュリティとソフトウェアサブスクリプションの売上におけるシスコの成功は目覚しいものでした。

人と人事の革新

続いて彼女は、シスコが研究開発に60億ドルをコア事業に投資していることに注目しながら、同社の変革戦略にどれほど重要な技術革新があるかについて話し続けました。同氏は、シスコのアプリケーションセントリックインフラストラクチャはデータセンター事業の革新の結果として生まれたものであり、シスコの革新的なCatalyst9Kスイッチサブスクリプション(同社の歴史の中で最も急成長している製品)にも言及しました。彼女は、従業員のさまざまなスキルや能力を集めることの重要性を指摘した、人事の領域を含め、常に会社のあらゆる象限を革新する必要があることを強調して、このセグメントをまとめました。これはKatsudasの日々の仕事である最高人事責任者に戻る良い移行であると思いました。

これにより、シスコ自身の人々からの「厳しいフィードバック」に対処するために2014年に開始された、シスコの前述のPeople Dealに戻りました。ピープルディールを通じて、シスコは、優れたアイデアを追求し、現状に挑戦し、個人的なスキルを身に付けるために、従業員に「オープンでアジャイルな」環境を提供しようとしました。ピープルディールの結果、シスコの人々は「生き生きとした」と言い続けました。「最高の」チームは従業員を2.74回以上雇用し続けているなど、幸せな人々と幸せなチームに関するいくつかの重要な統計情報を共有しました。また、毎日自分の強みを活かしている従業員は、生産性と創造性が20%高く、勤務時間は6倍です。

彼女がした次の論点は、チームが加入する「トロイの木馬」であり、それが提供する市場を完全なスペクトルの多様性で反映するというシスコの目標を強調しているということでした。続いて彼女は、シスコが多様性への取り組みを受け入れたことで、その数が増えていくのを見たと述べました。シスコは、グローバルな賃金平等のメリットを享受しており、現在7社の立場に立っています。番目 ハイテクで最も多様な会社。

Katsudas氏は、シスコのConscious Cultureと、コミュニティに恩返しをすることに関する同社の全体的な哲学についてさらに話しました。彼女は、シスコの従業員は、重要な原因を取り戻すための努力に対して「権限を与えられ、認識されている」と説明しました。同氏はまた、100カ国以上の国々でグローバルに事業を展開しているため、シスコが大規模に影響を与える能力を強調しました。

まとめ

C-Scapeからの私の主なテイクアウトはこれでした:CiscoはそのKatsudasさんと彼女の人々に焦点を当てたコンテンツでその業界アナリストの日を始めたその従業員と文化についてとても気にします。企業がイベントの主導権を握ることに決めたのは誰かということには、非常に大きな考え方があります。これは、シスコの優先事項を示す意図的な選択であると考えてください。シスコがピープルディールと企業文化を最も重要な差別化要因の1つとして捉えていることは明らかです。私は同意する傾向があります。