CMSは情報ブロック、患者EHRアクセスに関する規則を提案


2月11日にメディケア・メディケイドサービスセンター(CMS)と医療情報技術調整機構(ONC)のオフィスは、医療ITシステムの相互運用性を改善し、患者の電子医療へのアクセスを向上させるための補完提案規則を発表しました情報(EHI)、および情報のブロックを防止します。

医師にとって、規則案にはいくつかの重要な影響があります。

まず第一に、提案されたONC規則は彼らが何になるかを明記していなかったけれども、情報ブロッキングに従事しているヘルスケア提供者は民事罰金または「適切な妨害」に対して責任があるでしょう。患者との、または互いとの情報交換を妨害することを認めた病院または内科医は、公に識別されます。 ONC規則には、プライバシー、セキュリティ、患者への危害などの分野での情報ブロックに対する7つの例外もリストされています。

2020年以降、病院では、患者の入院、退院、または転院があったときに、医師や他の医療提供者に電子的に通知することが求められます。 「メディケアへの参加の条件として、患者の入院、退院、または退院時にすべての病院が指定の医療提供者に電子通知を送信し、医療現場間のケアの移行を改善して患者の安全性、調整、総合的なケアについて "とCMS管理者Seema Vermaは記者会見で述べた。

政府は、公認の電子医療記録(EHR)で必要とされる臨床データの交換に関するFast Health Interoperability Resources(FHIR)規格を正式に承認しています。 EHRデータを患者が選択したアプリにリンクするために使用できるFHIRベースのアプリケーションプログラミングインターフェース(API)も必要になります。

彼らの製品を認証するためには、EHR開発者は彼らが「作り出し、電子的に管理する」すべての健康情報を電子的にエクスポートする能力もプログラムしなければならないでしょう。これは、患者が自分の完全な電子記録にアクセスできるようになり、医師がEHRシステムを切り替えると自動的に現在のEHRデータをエクスポートできることを意味します。

臨床概要を作成するために、認定EHRは共通臨床データセットの代わりに新しい相互運用性のためのUSコアデータ(USCDI)を使用します。 USCDIは相互運用性に利用可能なデータ型を拡張します。新しいデータカテゴリには、さまざまな種類の臨床記録、小児用バイタルサイン、患者連絡先情報、および臨床データの由来に関する情報があります。

ONCは小児医療のための健康ITの自主的認証のための10の勧告を作成しました。その中には、成長チャート、薬量の体重ベースの計算、年齢別および体重別の単回投与範囲チェック、すべての保護者および介護者を文書化する機能が含まれています。

患者さんへの選択肢の拡大

CMSが提案した規則は、請求データへの患者のアクセスを増加させ、そのデータを解釈し使用するためのメカニズムを患者に与えるでしょう。

2018年に、CMSは伝統的なメディケア受益者のためにBlue Button 2.0 APIを立ち上げました。このプログラムの目的は、患者がさまざまなアプリを介して電子的に請求データにアクセスできるようにすることです。 Verma氏によると、1500人以上のアプリ開発者がこのAPIと連携するように設計されたツールを開発しています。 7つのアプリがすでに利用可能です。

提案された規則の下では、メディケアアドバンテージプラン、メディケイドプラン、子供の健康保険プログラムプラン、および連邦保険市場プランを運営する民間保険会社はすべて、メンバー向けにFHIRベースのAPIを開発する必要があります。

Verma氏によると、4,000万人近くのメディケア受益者がBlue Button 2.0 APIを介して請求データにアクセスできる可能性があります。 2020年までに、政府と取引を行っているすべての医療計画でも同様のAPIが必要になると彼女は付け加えた。その時点で、約1億2,500万人の患者がクレームデータにアクセスできるようになる、と彼女は述べた。非常に多くの民間保険会社のメンバーがこの選択肢を持っているとき、彼女はその計画はおそらくそれを彼らのメンバー全員に拡張するだろうと予測した。

Vermaは、ある医療提供者から別の医療提供者に移動する際に、多くの患者がこの情報を一緒に使用すると予想しています。さらに、FHIRベースのAPIを使用すると、患者は各プロバイダのポータルから概要をダウンロードする必要がなく、複数の患者ポータルから臨床概要を集計できます。彼らが使用するアプリは、彼らがデータを理解するのを助け、彼らが彼らが訪問する次のプロバイダーとそれを共有することを可能にするでしょう。

ONCの提案された規則の下では、Health IT、ヘルスケアプロバイダー、EHRベンダーの全国コーディネーターであるDonald Rucker氏は、サードパーティのアプリでデータを使用することに対して消費者に課金することは許可されないと述べました。 「それは注意の支払いの一部です」と彼は言った。

ただし、アプリ開発者はサービスに対して消費者に課金できます。さらに、医療提供者は、アプリがEHRデータを使用するサードパーティ開発者に料金を請求することができます。料金は、データへのアクセスを提供する、データを交換または使用するためのプロバイダの費用に基づいている必要があります。

CMSとONCが提案した規則に関するコメントの締め切りは4月上旬です。

より多くのニュースのために、私達を結合しなさい フェイスブック そして Twitter