Launchpad Fire Force Japan、宇宙ステーションへの貨物船の打ち上げを延期:レポート



報道によると、日本はミッションのロケットの発射台で火災が発生したため、本日(9月10日)、国際宇宙ステーションへの貨物船の打ち上げを中止しました。

「本日の打ち上げは、モバイルランチャーの甲板の穴の周囲でJST午前3時5分(グリニッジ標準時午後2時5分)に発火したため、延期されました。現在、火を消そうとしています。」ロケットの製造元である重工業は、 Twitterのステータス更新で述べた

航空宇宙局(JAXA)は、種子島宇宙センターで発射台の火災が発生したとき、HTV-8貨物船のH-IIBロケットの打ち上げに向けてカウントダウンしていました。 Twitterのローンチサイトからライブアップデートを投稿した人。クロッツは、火が消えるまで約2時間火が燃え、負傷者は報告されていないと述べた。

火の原因、およびそれがH-IIBロケットに損傷を引き起こしたかどうかは、まだ決定されていません。 クロッツ追加

三菱重工業の広報担当者であるレイ・イエチカ・タカク氏は、H-IIBの打ち上げ中に同社が発射台の火災を見たことはない、と記者団に語った。 KlotzがTwitterで報告した。発射は、発射のための燃料補給が完了した後に始まり、 彼女は付け加えた

ビデオ: 日本のHTV貨物船の仕組み
関連:
日本のHTVスペーストラックの説明(インフォグラフィック)

日本には、H-IIBロケットの成功の記録があります。これまで、三菱重工業は2009年以来7つのHTVミッションを打ち上げてきました。今日の打ち上げは、その最初のHTVフライトの10周年で打ち上げられました。

HTV-8は、国際宇宙ステーション向けに4トン以上の物資を運んでいます。これには、6個のリチウムイオンバッテリーとプロトタイプのSonyレーザー通信システムがISSに搭載されています。 。 NASAの宇宙飛行士は、今年後半に宇宙遊泳でP6ソーラーアレイモジュールにバッテリーを取り付けて、そこにある老朽化したものと交換します、とNASA当局者は言いました。

NASAの職員は、宇宙ステーションの現在の6人のExpedition 60乗組員は健康であり、食料やその他の重要な物資を使い果たす危険はないと述べました。

「宇宙飛行士はステーションに乗っていても安全であり、十分に補給されている」とNASA当局者は声明で述べた。

写真: 日本のロボット宇宙貨物船隊

日本航空宇宙探査庁またはJAXAによると、Sonyシステムは、超高速レーザー通信を使用して、衛星間または地上局との将来の通信をテストするために展開されます。 (今日の宇宙船は一般に、情報を送信するための帯域幅がより制限されている無線に依存しています。)

「この技術には非常に大きな期待があります」と、現在JAXAの副会長である若田宇宙飛行士は、JAXAの声明で述べています。 「この技術は、通信業界だけでなく、将来、探査分野の通信手段として広く使用される可能性が高い。具体的には、地球と国際間の通信手段として使用できる。宇宙ステーション、月と火星。」

編集者注: このストーリーは午後6時12分に更新されました。 EDT(1212 GMT)火災後記者会見からの更新を含む 航空週宇宙編集者アイリーン・クロッツによるTwitter経由 MHIおよびNASAからの公式声明。日本のH-IIBロケットだけが完璧な打ち上げ記録を持っていることを反映するために、以前に修正されました。この国の主力製品であるH-IIAロケットは、40回の打ち上げで1回失敗しました。

これは発展途上の物語です。アップデートをすぐに確認してください。

エリザベス・ハウエルをツイッターでフォロー @howellspace。フォローする Twitter上で @Spacedotcom そして フェイスブック