Luminarが1億ドルのラウンドと新しいアイリスLIDARプラットフォームを搭載した量産車に注目 – TechCrunch


ルミナ 世界中で出現したLIDAR企業の新作における主要企業の1つであり、同業他社を追い越すために急速に動いています。本日、同社は新たに1億ドルの資金調達ラウンドを発表し、その総額を2億5000万ドル以上に引き上げました。また、認識プラットフォームも同様です。 そして 実車への搭載を目的とした、新しいコンパクトライダーユニット。重要な日!

Irisと呼ばれる新しいハードウェアは、Luminarのテストユニットのサイズの約3分の1になるようです。それは積み重ねられたハードカバーの数のサイズについてでした、そしてアイリスは本当に厚いサンドイッチのようなものです。

もちろん、コーナーやフロントガラスエリアのような主要な面に隠された未使用スペースの空洞がある車はほとんどないため、サイズは非常に重要です。他のライダーメーカーは様々な方法で彼らのハードウェアのプロファイルを下げました。 Luminarはかなり単純な形でコンパクト化されているようで、すべてをあらゆる次元でより小さくパッケージにまとめています。

ルミナアイリスとテスト艦隊のライダー

テストモデル、左側、右側のアイリス。

アイリスの写真はさまざまな位置に配置しました。ある車のヘッドライトの下、別の車のバックミラーに取り付けられ、セミトラックのキャビンの上まで高くなっています。それは他のコンポーネントを置き換えすぎないようにするのに十分小さいので、もちろん競合他社はそれらをさらに統合しやすくすることを目指しています。 Luminarの創設者で最高経営責任者(CEO)のAustin Russellは、それが問題にならないと最近私に言った。

「開発段階は、実世界での採用に向けて、そして実際の量産車へと実際に移行させるという大きな仕事です」と彼は語った。最初にそこに着いた会社が業界をリードするでしょう、そして当然彼はLuminarをその会社にするつもりです。

その一部はもちろん生産プロセスであり、過去数年間で大幅に改善されました。これらのユニットは十分な速さで製造することができ、数十個ではなく数千個も供給することができ、設計上、コストは急激に低下しました。

アイリスは真面目な自治権を求める量産車で1ユニットあたり1,000ドル以下の費用がかかるでしょう、そして500ドルであなたは運転手の援助、またはADASのようなより限られた目的のためにより限定されたバージョンを得ることができます。 Luminar氏は、Irisは「2022年から量産車で商業的に発売される予定だ」と述べているが、必ずしも顧客に出荷しているわけではない。同社は現時点で10億ドル以上の契約を交渉している、と代表者は私に言った、そして2022年はアイリスが付いている車が利用可能になることができる最も早いであろう。

LUMINAR IRIS TRAFFIC JAM PILOT

アイリスユニットは、ここではヘッドライトユニットの中心から約1フィート下にあります。これは量産用のものではなく、テスト用のものです。

統合のもう1つの部分はソフトウェアです。センサーからの信号はどこかに行かなければなりません、そしていくつかのLIDAR会社は彼らが自動車メーカーかそれ自身にそれに対処することを許すことを計画すると示しましたが、他の人はハイテクスタックを構築してライダー知覚ソフトウェアにはさまざまなものがあります。人が数えるものとして識別されたオブジェクトの周囲にボックスを描画するのと同じくらい単純なものです。

Luminarは知覚に組み込むことを選択したか、むしろしばらくの間それに取り組んできたことを明らかにしました。現在、パロアルトとオーランドの間で60人のタスクが分割され、クリストフ・シュローダーのダイムラーで元ロボタクシーの責任者を務めていました。

ルミナールの知覚スタックの本質と限界はどのようなものでしょうか。あなたがそれを遠くに取ることを決心するのを待っている危険があります、ある時点であなたはあなたの顧客と競合し始めます、彼ら自身と知覚を持っている自動車メーカー同社は、具体的に自社のプラットフォームでカバーされるものについてはほとんど詳細を述べていませんが、製品自体が成熟するにつれて明らかになることは間違いありません。

最後にそして確かに、少なくとも1億ドルの追加資金の問題です。これにより、Luminarはここ数年で合計で15億ドル以上の収益を上げ、競合他社のInnovizと一致します。同社は、商品化と開発に関して同様の決定を下しました。

投資家のリストはかなり長くなっているので、ここでLuminarを引用します。

G2VP、ムーアストラテジックベンチャーズ、LLC、ニックウッドマン、ウェストリーグループ、1517ファンド/キャンバスベンチャーズのピーターティール、戦略投資家のコーニングインク、コーネス、ボルボカーズテックファンド。

Broadcomの元執行役員Scott McGregorとG2VPのBen Kortlangがテーブルに加わり、取締役会も成長しました。

この分野での取引やスタートアップの数が膨大である限り、すでに「ピークライダー」に合格しているかもしれませんが、それでも状況が悪くなるわけではありません。どちらかといえば、反対の、確立された会社が有利なパートナーシップを争い、競争力を維持するためにお互いを食べ始める。 Luminarが食事になることを計画していないようです。