TechCrunch、新しい数字がiPhoneの中国の荒れた四半期を浮き彫りに


Appleが先月の四半期決算の修正ガイダンスを発表したとき、同社はその期待を裏切る結果をもたらした主な要因として中国を挙げた。案の定、iPhoneの売上高は前年比15%減となりました。そして今やIDCは、中国市場がその下落で果たした役割についてのさらなる洞察を得ました。

今週発表された新しいデータによると、今四半期の中国の出荷台数は前年比で20%減少しています。今後のAppleの成長計画において重要な要素となっていた市場にとっては、これはかなり劇的な低下です。それは市場の12.9から11.5パーセントへの低下を​​マークします。先月、Tim Cookは世界最大のスマートフォン市場が下落した理由のいくつかを強調しました。

挙げられている理由の中には、国際貿易の緊張と全体的に鈍化する中国経済があります。もちろん、Appleだけでは減少が見られない。スマートフォンの出荷台数は、アップグレードサイクルが遅いため、ほぼ全面的に減少しています。ほとんどの携帯電話はすでにかなり良いので、人々はもっと長く携帯電話を持っています。また、今年のXSが前任者のように劇的なアップグレードを記録しなかったことも注目に値します。

しかし、言うまでもなく、同四半期に23.3%の上昇を記録したHuaweiをはじめとする多くのネイティブスマートフォンメーカーが同国で上昇しており、この優秀企業がAppleの市場シェアに食い込んだことを示唆している。